高取山公園のジビエカレー

「高取山公園のジビエカレーがとにかく美味しい!」との情報を妻が知人から聞いていて、いつかは行ってみたいと思っていましたが今日やっと行くことが出来ました。

(お店の入り口)
(ジビエカレー)
(後ろのプーさんのぬいぐるみとチャイルドチェアーが私には似合わないと妻に言われました。)

本当に美味しい!ジビエ肉はかたそうなイメージがありましたが、スプーンですぐほぐれる程の柔らかさに煮込んであり、カレーと絶妙マッチして「美味しい!」と一口食べただけで叫んでしまいました。

(店内、外にはドックランもあり犬も連れて来ていいみたいでした。)
(遊具もたくさんで子供連れのファミリーで賑わっていました。)
(直販店で買った脊振さしみコンニャク、朝早くにここに来ないと買えない程人気だそうです。)
(そのコンニャクを使った今日の晩ごはん)

家に帰ると珍しくビッケ(いつも不思議そうな顔した猫)がまとわりついてきました。

(弱って死にそうなところを娘に保護されたビッケ, にゃーとは鳴けないのでしゃーと鳴きます。)
(でもすぐに一番捨て猫が似合うトキオがちょっかい出してきます。)

今日も私の目の前のセンター争いを制するのはアンジーさんでした。

今日も猫ざんまい

休日の午後くらいはゆっくりしたいので、疲れた時には昼寝をします。でも必ず猫達がわらわら寄って来て一緒に昼寝をしてくれます。(身動き出来ないので落ち着きません。)

(幸せそうなトキオ←我が家の猫界カースト最下位)
(幸せそうなチロル←自分のことをまだ子猫と思っている体重12kのデブ猫)
(私の目の前は猫たちのセンター争いがあっているようなので常に違う猫がいます、今度はアンジーさん)

私がやっと起き上がっても猫たちはまた違う場所でくつろぎます。多分ご飯の時以外は一日中くつろいでいる感じなので幸せそうで何よりです。

こんな猫ざんまいの休日が明日への活力になるので、猫たちには日々感謝しています。

父の日

父の日のプレゼントで息子夫妻から頂いた、ミワックス ザ デスクマット、ありがとうございます。実は私、文具全般大好きなんです!

文字を書く時の下敷きや写真撮影時の下敷きにも活躍する優れものでした。

(早速お気に入りの万年筆と試し書き撮影)

文具コーナーで試し書きをする時は必ずこの文字を書いてしまいます。「ぱ」何故か無意識のうちに書いているようなので、この文字が書かれていたら多分私が試し書きをしています。

文具が大好きなので、数年前万年筆を買って練習しようと思い買ったのがこれです。

(初日から怒涛の勢いでたくさん頑張っています!)
(3日後、…ほぼ空白、飽きているようです。)

ちなみに小学生の頃習字を習っていた私は、日本習字7段、硬筆2段でしたが、今も字を書くのが下手です。その頃の評価は「字に勢いがある!とか生き生きとしている!」などで誰も上手とは言ってくれませんでした。そして今はほとんどの文字はパソコンで書くので益々下手になっているような気がします。

(なんかわかるっす、な顔のトキオ)
(どうでもいいから早く美味しいの下さい、のアンジーさん)
(隔離部屋で幸せそうな嫌われ者のゴマさん)

プロジェクト会議

今日はブランド名とロゴマークを決める為の重要なプロジェクト会議でした。長崎のデジマグラフさんからもお越し頂きプレゼンしてもらいました。デジマグラフさん詳しくはこちら:https://dejimagraph.com/

デジマグラフさんからは先日に数種類ご提案を頂きましたが、そのクオリティが凄まじく高いのでどれを決めるのか悩みに悩みました。会議ではこのクオリティの高いデザインを一つに決めて他が世に出ないのはあまりにももったいないので、「商品名にしよう」などの意見もありましたが、そこはデジマグラフさんに「ブランドのイメージがブレるといけないので一点に集中した方がいい!」などの意見もあり、最終的に決定したものがこちら❗️

KASANES(カサネス)

創業者:古賀重義の重を元に創業者の想い、社員皆さんの想い、それぞれの想いを重ね、次のステージへと向かっていくイメージは、完成した新商品(ルームシューズ)にふさわしいものでした。

コンサル川﨑さん、とても素晴らしいデザイン事務所をご紹介して頂きありがとうございます!最高です!デジマグラフさん、こんなに素晴らしいデザインをありがとうございます。今回はかなり大きく前へ進めた気がします。デザイン、ネーミングで感動することがあるとは思っていませんでした。  もし私がこのブランド名を説明する機会があれば、多分1時間以上はここに至るまでの皆さんの想いを説明することができると思います。これからも幾多の困難があるとは思いますが、それさえも乗り越えて行けそうなロゴマークとネーミングに心より感謝いたします。

(家ではそんな想いとは裏腹に、なんかケンカしそうなトキオとアンジーさん)
(ケンカを避ける為に連れて行かれるアンジーさん)

清屋商店

(詳しくはこちらをご覧ください
http://www.kiyoshiya.com/)

今日は博多にある清屋商店にて、新商品に使う部材購入に来てみました。初めてなので「気難しい職人気質の店員さんに怒られたらどうしよう…とドキドキしながらもスタッフの方に声を掛けると、とても愛想の良いかわいいお姉さんが対応してくれました。

(ちなみに妻とスタッフのお姉さんは初対面!)

ですがこのお姉さんの靴資材に関する知識はすごくて、何を聞いてもすぐに的確に答えてくれます。「こんなに仕事に誇りを持った方がいる会社を尊敬します。うちの会社もこうなりたい!もっと早く来れば良かった!」と思うぐらいとてもとても良い勉強になりました。

(今日買った材料)

ここで新商品開発の先生、Nihil古賀さんのお話しをするとスタッフの方々が大盛り上がり!!なんでもここは古賀さんの古巣とのことでした。(古賀さんは皆さんの人気者です。)

こんなに楽しそうな靴資材屋、修理屋さんを見たことがありません!どちらかと言うとお爺さんお婆さんが面倒くさそうに対応するイメージがありましたが、ここは活気に溢れかっこいいイケメンの職人さんや愛想良くかわいいスタッフさん達に囲まれてなんかこちらまでワクワクさせてくれました。(必ずまた買いに行こうと思います。)

(我が家の2階)

最近家に帰ると必ず八王子から来たゴマさん(我が家の猫界では嫌われ者で、他の猫4匹とケンカするので隔離中)が2階から毎日お迎えしてくれます。

あと4匹いますが3匹は私が家に帰るとお迎えしてくれます。(このルーティンのおかげで日々頑張れている気がします。)

韓国料理

今日の晩ごはんは韓国料理でした。

(スーパーで買ったサムゲタン)
(サムギョプサル、豚バラ焼き肉、野菜とコチュジャンで食べます。)
(飲み物は最近よくスーパーで見かけるハンラサン 、韓国済州島の焼酎、甘くて飲みやすい!)

(自家製ニラの卵とじとコチュジャン)

韓国料理は美容と健康を意識したものが多く、これからもたまに食べたいと思いました。

(片目が開かないデブ猫チロル)
(なんか心配そうなトキオ)

くすかぜ広場・ARKS

何が出来るんだろう?前を通るたびに思っていたんですが昨日行ってみました、新しく出来たのは(くすかぜ広場.ARKS)でした。詳しくは:https://www.saga-s.co.jp/articles/-/853270)

(作りがかっこいい感じ!)
(アウトドアグッズのレンタル有り)
(多くのキッチンカーが並んでいます。)

こんな取組みやキャンプ、グランピング施設など自然を活用した活性化に繋げようとする佐賀県、いい方向性だと思います、もっともっと応援しようと思いました。そしてまた建物などのデザインの必要性をとても感じます、これが田舎っぽいとターゲットが変わりそうですが、ここは若者で溢れています。先日行った温泉KOMOREBI もしかりモダンなデザインは若者を惹きつけるようです。

今日も朝から妻とKOMOREBIに行ったので、午後からは猫たちとまったりとした時間を過ごさせていただきました。

石井樋公園(さが水ものがたり館)

先週のことですが、温泉に行った帰り道にたまたま立ち寄ったのが石井樋公園、成富兵庫茂安の指導により、江戸時代に造られた取水施設のことらしく、こんなところがあるとは知りませんでした。詳しくは: https://www.sagabai.com/main/?cont=kanko&fid=52

(さが水ものがたり館)
(キャンプが出来るスペースも有り)
(カヌーも出来るようです。)

歴史のある治水と利水を兼ね揃えた壮大なスケールの施設と自然をゆっくりと楽しめる公園で、「ここは早く知っておけば良かった!」と思いました。

(家ではトキオとビッケが妻を見守っていました。)

KOMOREBI

先日の話ですが4/26に佐賀にオープンしたKOMOREBI(源泉掛け流し温泉 佐賀の湯処 こもれび)に行ってみました。詳しくはこちらからhttps://www.komorebi.spa/

昨年は毎週のように行っていたサウナと温泉ですが、今回は今年初です。今まで行った中ではここのサウナが一番広く、大型スクリーンが2面ありゆっくりとくつろげました。このサウナでは1時間に一回スクリーンの画面が消えて暗くなり、オートロウリュ(サウナ炉の上からアロマ水が噴射され熱い蒸気が溢れ出す)なるものがあり、これもまた見応えあり、温泉もとにかくお洒落で、若いお客さんがたくさんいて賑わっていました。

(サウナで「ととのった」顔)

料金は他より少し高めでしたが、朝早くだと割引ありで充分納得できる内容で大満足でした。

(なんか不満そうな八王子から来たゴマさん)

調音の滝

「うきは市にはおしゃれなお店がたくさんあって面白いらしい!」との妻の一言で出かけてみましたが、なぜか山奥の調音の滝まで足を伸ばしていました。

詳しくは: http://www.yado.co.jp/tiiki/asakura/chouontaki/chouontaki.htm

(お客さんたちがたくさん池の写真を撮っていたので覗いてみるとチヨウザメがいました。)

この看板を最初に見たので、魚返りの滝(険しい登り坂700m)を足が棒になりながら観てきました。

「帰りは吉井町(白壁通りを散策して帰ろう!」という予定でしたが山歩きがあまりにもきつかったので、駐車場で二人とも爆睡してしまい、その後はまっすぐ帰宅でした。

(今日もポーズを決めるアンジーさん)