南田農園産トマト

畑でとれたトマトが育ちました!

想像していた以上の収穫量です!

畑にはまだ育ちきっていないトマトもあり、これからの収穫が楽しみになりました!

ナスビもこの前見たときよりさらに大きく育っていました!

先週の続き

先週熊本の甥っ子の赤ちゃんを見に行った帰り道に、少し遠回りして我が母校、宇土高校の近くにある轟水源に立ち寄ってみました。

(古くから肥後3名泉の一つとして知られているそうです。)

高校の卒業写真を撮った記憶がありますが、そのアルバムを無くしてしまったので、久しぶりに見ると新鮮です。

以前紹介した、漫画の夏目友人帳(原作者は熊本出身の方)に出て来そうな綺麗な場所で、湧き出ている水を見ていると、時の経つのを忘れてしまいそうです。

この近くには、宇土古城跡、中世宇土城跡、宇土城山公園などと興味深いスポットがたくさんありますが、今回は猫達が心配なので帰りました。

家に帰ったら、心配しなくても大丈夫なようでした。

社長実家グッズ

伯母さんから、熊本の祖母(社長の母)が生前愛用していた絵とランプが送られてきました!

この絵はステンドグラスでできており、熊本の祖父(社長の父)が作った作品です。

熊本の社長の実家に飾られていたもので、私も見覚えがあったので懐かしく感じました。

ちょうど7月から一人暮らしを考えていたので、ランプは私が使わせていただくことになりました!

ステンドグラスの絵は食堂に飾る予定です!

夏目友人帳

最近よく散歩(ウォーキング)する近所の風景ですが、子供達が以前読んでいた漫画の夏目友人帳に出で来る風景みたいだと最近家族の間で話題です。

佐賀藩の支藩の蓮池藩主のお墓らしいのですが調べると色々な歴史があり、かなり奥深いのでこの場では割愛しますが、最近では妻と二人で週に3〜4回散歩しています。(妻は子供の頃からここらあたり探検していたそうです。)←←そんな子供はあまりいないだろうと思います。

ちなみに夏目友人調は緑川ゆきさん(熊本県出身-私と同じ)らしく、熊本のインターチェンジ等のお土産を見ると沢山その絵が載っています。

こんな猫は出てきませんが、時々心にずーっと残るいい話があったりで人気なのが、もうすぐ52歳の私にもわかります。子供たちの影響ですが私も大好きになってしまいました。何も無い様な日常の中にも、こんな風流な所を散歩できるのも幸せだと思います。

こんな感じに近いにゃんこ先生は出てきます。

家に帰るとメダカを飼っている入れ物にカエルがいます。子供たちに捕まえられないように早く逃て下さい。

神埼櫛田の市

コロナ禍の影響でかなり久しぶりに開催された神埼櫛田の市にふらっと行ってみました。一押しする本間農園さんのブースを見つけ、早速親鳥の炭火焼と本間の卵使用のカステラを購入。

すぐに食べてしまいました。

親鳥は噛めば噛む程味が出て、カステラも美味しい卵を使っているだけあって、卵の風味あふれていて、かつ甘過ぎずにとても美味しかったので、妻も大絶賛でした。

夕方は妻と近所をウォーキングしましたが、妻のファッションはウォーキング向きではない気がした今日この頃です。

家に帰るとまた猫が楽しませてくれました。

デカ過ぎてここから、なかなか出れません。

お知らせ

申し訳ございません。ネットワーク上で何らかのトラブルが発生したため、ブログの投稿ができていませんでした。

今日からまた再開させていただきたいと思います!

お知らせ

国内のコロナウイルスの感染者数は少しずつ落ち着いてきていますが、まだ経済活動が本格的に再開しているわけではなく、弊社もコロナウイルスによる仕事への影響を受けております。

そのため、5月は土曜日・日曜日に加えて毎週金曜日が臨時休業となります。

6月はこれに加えて毎週木曜日も臨時休業になる予定です。

社員の方々にはできた時間を、新しい趣味を見つける時間や普段できていないことなどにぜひ有効活用してもらえたらと思います!

ちなみに最近私は、休日に会社の手伝いがない日は、近所で社員の方に影響を受けた釣りをして気分転換をしています!

今度晴れた日は海に出かけてエギングに挑戦してみたいと思います!!

社員の方へお知らせ

臨時休業期間中のため、4月分の給与明細は5月11日の仕事再開日にお渡ししたいと思います。

社員のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

お知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けまして、弊社でも従業員の安全確保を考慮し、臨時休業を決定いたしました。

期間は2020年4月18日から5月10日までの23日間です。

休業期間中もブログの投稿は続けてていきたいと考えておりますので、少しでも多くの方に御覧いただければと思います。

今日の映画

先週に引き続きウイルス関係の映画、「感染列島」を観ました。

アマゾンプライムビデオよりの引用

今の現状を重ねて考えさせてくれるとても興味深い内容で、ロックダウン、オーバーシュート等、今後起こり得るかも知れない世界観でした。

大切にしている人が、ウイルスによって亡くなるという悲しい場面ががたくさんあり、かなり泣ける映画でした。

私達に出来ることは、その可能性を少しでも減らすように予防することだと考えさせられました。

その後近所のスーパーに買い物に行きましたが、そこで知人との世間話の中で、「今はお客様がたくさん来ていますが、この中に一人でも感染者がいたら、即閉鎖になる可能性があるのでヒヤヒヤしています。」とのことでした。

結構考えさせられます、一人の問題ではなく地域社会全体の生活に関わる問題です。ニューヨークの記者からの引用ですが、「一人一人が、自分が無症状の感染者であり、他人に感染させないように行動するようにしていたら、こんなに感染拡大はしなかっただろう。」…

今からでも私達に出来る対策は、この考え方だと思いました。

でも猫たちは今日も幸せそうでした。